★タイトル「2019年度シラバス」、フォルダ「2019年度シラバス - 造形学部 - 学科別・芸術文化学科
★シラバスの詳細は以下となります。
2019年度シラバス > 造形学部 > 学科別・芸術文化学科 > Museum Study & English Communication
★科目名   Museum Study & English Communication   講義名 Museum Study & English Communication  
サブタイトル 生きた使える英語を学ぼう!  
受講可能学科 造形学部・芸術文化学科  
担当研究室 芸術文化学科 
★担当教員   菊池 宏子  
分野 専門Ⅱ類選択   ★対象学年  3年,4年  
科目群 専門Ⅱ類(選択)  キャンパス  
開講期間 前期 2019/04/08-2019/07/13   ★曜日・時限  火4  
★授業形態   講義   ★単位数   2.0   
履修条件  特になし  
授業概要・カリキュラム上の位置づけ 当授業は、英語の環境に慣れることやその重要性について理解を深めると同時に、国際的な視野から芸術文化(アートと社会との関係に関する概念、アートプロジェクト、美術展、教育プログラムなど)について考え・学ぶために、履修生の興味・関心、英語の能力に合わせ、日英交えた授業を展開する  
授業方法 レクチャー、ディスカッション、課外学習を交えた授業方法  
到達目標 人前で英語を話すことに慣れる ( to be able to feel comfortable speaking in front of people)
英語で自己表現ができるようになる (to express one's feeling and thinking in both writing and speaking)
芸術文化に関する基本的な英語の文献を読み解く方法や力がつく(to be able to comprehend the basic English and develop thoughts and critical thinking on art and culture)
 
ディプロマポリシーとの関連 http://www.musabi.ac.jp/wp-content/uploads/2018/04/CurriculumMap_apm_2018.pdf  
授業計画・課題に対するフィードバック *履修生数や英語力により内容の変更あり。
4/9
オリエンテーション (Orientation )
4/16
授業内容について説明 (Review Course Goals, objectives, and Grading
英語の適正について (About English Proficiency)
授業内ディスカッションとは?(What is Discussion in this class?)
4/23
英語と日本語で自己紹介をする(Self-introduction both in English and Japanese)
ディスカッションのテーマ/トピック設定 (Set up Themes/Topics for class discussions)
ディスカッションのやり方(Learn about how to participate in discussion)
4/30
休日 (No class)
5/7
ディスカッション/テーマ1、レクチャー (Discussion 1, Lecture)
5/14  
ディスカッション/テーマ2、レクチャー (Discussion 2, Lecture)
5/21
フィールド・トリップ1についてと課題について説明 (Talk about Field-trip and assignment)
5/28
フィールド・トリップ1 Field Trip (Roppongi Art Night)
6/4
中間統括 (Mid Term Reflection)
6/11
ディスカッション/テーマ3、レクチャー (Discussion 3, Lecture)
6/18
ディスカッション/テーマ4、レクチャー (Discussion 4, Lecture)
6/25
フィールド・トリップ2についてと課題について説明 (Talk about Field-trip and assignment)
7/2
フィールド・トリップ2 (Field Trip 2)
7/9
最終グループディスカッション(Final Group Discussion)
授業統括 (Final Review)
7/16
補講なし
 
履修上の留意点 英語能力は問わないが、学ぶ意識や授業への参加意欲は必要。授業詳細は、履修生によって調整・変更があるため、最終的な内容は授業内で決定する。
(English proficiency is not required, but will have a quick conversational test in class. You have to be willing to participate in in-class discussion as well as a couple of fieldtrips on your own assigned outside classroom regular meeting hours to fullfill classroom assignments. The details will be discussed in class.)  
準備学習内容・時間の目安 N/A  
成績評価の方法 出席、授業内のディスカッションへの参加、授業内の課題により、成績の評価をする。
(This class will be graded based on participations(to the class and group discussions) and in-class assignments.)  
テキスト N/A  
参考文献(作品)等 参考文系などは授業で配布する。(Articles will be distributed in class.)  
教員との連絡方法(オフィスアワー) hiroko@invisible.tokyo
 
★Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.