タイトル「2017年度シラバス」、フォルダ「2017年度シラバス - 造形学部 - 造形総合Ⅱ類
シラバスの詳細は以下となります。
2017年度シラバス > 造形学部 > 造形総合Ⅱ類 > Interactive Innovation-1
2017年度シラバス > 造形学部 > 学科別・デザイン情報学科 > Interactive Innovation-1
科目名   Interactive Innovation-1   講義名 Interactive Innovation-1(造Ⅱ)  
サブタイトル インタラクティブ・イノベーション1  
受講可能学科 造形学部・全学科(デザイン情報学科を除く)  
担当研究室 デザイン情報学科 
担当教員   長澤 忠徳、照井 亮、村田 美樹  
分野 造形総合Ⅱ類   対象学年  2年,3年,4年  
科目群 造形総合Ⅱ類 
開講期間 前期 2017/04/10-2017/07/08   曜日・時限  土3,土4  
授業形態   演習   単位数   2.0   
履修条件  受講者定員は15名までとする。  
授業概要・カリキュラム上の位置づけ "How can one create something new in the field of Art and Design? Naturally, a new idea is an outcome of a new way of thinking. So the question is, how can one think in a new way despite one’s preconceived mindset and assumptions? The key to overcoming such a challenge is to interact with people with different experiences, knowledge and cultural backgrounds, which will provide many opportunities to reconsider one’s preconceived notions and to become more aware of oneself. To enhance the interaction, this course will be conducted in English.
In such an interactive environment, this class will focus on the structures and mechanisms of various values. Students will create diagrams in order to discern general formulas behind the values, and at the end of the course, students will create visual proposal for a new value, which will be given concrete form in the following semester.

アートやデザインの分野で何か新しいものをクリエイトするにはどうしますか。新しいアイデアが、新しい考え方から出てくるものであるのは自然なことです。そこで、いかに予想される考えや想定を超えて、新しい方法で考えるか、ということが問われることになってきます。乗り越えるべきそんなチャレンジの鍵は、経験や知識や文化的背景の異なる人々とふれあうことです。それは、思い込んでいる見解を再考する多くの機会を与えてくれ、気付きとなるのです。このインタラクションをより高めるために、この授業は英語で行われます。
このインタラクティブな環境の中で、この授業は、価値の構造やメカニズムに焦点を当てます。学生は、「価値」の背後に潜む一般的な法則を見つけ出すために、その体系を図解したりします。そして、最終的には学期末に、具体的な形を与えた「新しい価値」の視覚的な提案を行います。"  
到達目標 "To become literate in a creative process in a culturally interactive environment. To understand the general structure of values, and apprehend the value of creative mind. To be able to explain one's ideas, work logically, understand the statements of other's, and have discussions in English.

価値の一般的な構造とクリエイティブな志向を理解し、創造的なプロセスや文化的なインタラクティブな環境の中で、それを生かして行けるようになること。 英語で自分の考えや作品を論理的に説明し、他者の発言を理解し議論できること。"  
授業計画・課題に対するフィードバック Week 1 : Introduction to the course.
Week 2 : What is the essence of “values”?
Week 3 : Value Creation: Brainstorming
Week 4 : Value Creation: Presentation 1
Week 5 : Value Creation: Presentation 2
Week 6 : Visiting Professors' Workshop
Week 7 : Value Creation: Presentation 3
Week 8 : Value Creation: Final Presentation
Week 9 : Sharing Values: Presentation 1 @ Open Campus
Week 10: Sharing Values: Presentation 2
Week 11: Open Presentation
Week 12: Final Review 1
Week 13: Final Review 2
*The schedule may change depending on the class progress.

第1週:イントロダクション
第2週:<価値>の要素について考える
第3週:<価値の創造>ブレインストーミング
第4週:<価値の創造>プレゼンテーション1
第5週:<価値の創造>プレゼンテーション2
第6週:訪問教授ワークショップ
第7週:<価値の創造>プレゼンテーション3
第8週:<価値の創造>最終プレゼンテーション
第9週:<価値の共有>公開中間プレゼンテーション1@オープンキャンパス
第10週:<価値の共有>プレゼンテーション2
第11週:<価値の共有>最終プレゼンテーション
第12週:プロジェクト・レビュー1
第13週:プロジェクト・レビュー2
以上の予定は、進度に応じて、変更される場合がある。  
履修上の留意点 "The course will be conducted in English. Prospective applicants should contact the Department of Design Informatics for detailed information regarding the course requirement.

この授業は英語で行われるため、履修を希望する学生は、履修希望書類を履修登録週の金曜日までに、デザイン情報学科研究室に提出しなければならない。"  
準備学習内容・時間の目安 "Improve English proficiency in order to be able to participate in group discussions.

グループでの議論に参加できるように、英語力を磨いておくこと。"  
成績評価の方法 "Class Participation and Contribution: 50%. Result of the project: 50%.
Students must attend at least 60% of the classes.

履修態度を50%、プロジェクトの成果を50%の比率で成績評価する。なお、学生は開講日数の3分の2以上の出席を単位認定の条件とする。"  
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.