タイトル「2017年度シラバス」、フォルダ「2017年度シラバス - 造形学部 - 学科別・彫刻学科
シラバスの詳細は以下となります。
2017年度シラバス > 造形学部 > 造形総合Ⅱ類 > THE VIRTUAL FORM Ⅱ
2017年度シラバス > 造形学部 > 学科別・彫刻学科 > THE VIRTUAL FORM Ⅱ
科目名   THE VIRTUAL FORM Ⅱ   講義名 THE VIRTUAL FORM Ⅱ(Advanced)  
受講可能学科 造形学部・彫刻学科  
担当研究室 彫刻学科 
担当教員   彫刻学科、伊藤 誠、黒川 弘毅  
分野 専門Ⅱ類選択   対象学年  1年,2年  
科目群 専門Ⅱ類(選択) 
開講期間 後期 2017/09/04-2017/12/16   曜日・時限  金5  
授業形態   演習   単位数   2.0   
履修条件  特になし  
授業概要・カリキュラム上の位置づけ “THE VIRTUAL FORM” is an introductory class to 3D modeling (creating forms using 3D softwares).
While learning about the different tools and techniques, we will look at examples we can find in art or nature and see how we could replicate those forms. Going from the simplest forms like primitives (spheres, cubes, cylinders, etc) to more complex forms (the human body, fabrics, fractals, etc).

“THE VIRTUAL FORM II” covers more advanced topics like 3D scanning, image based deformations, simulations, etc. We will also learn more rendering and output techniques toward the end of the semester.

THE VIRTUAL FORMは3Dモデリング(3Dソフトウェアを使って形を作ること)を紹介する授業です。アートと自然の形を例にしながら、3Dで再生したり、3Dの様々なツールとテクニックを学ぶ。簡単な形(球、立方体、円筒など)から始まり複雑な形(人体、生地、フラクタルなど)までつくることを目標とする。
「THE VIRTUAL FORM II」 は「THE VIRTUAL FORM I」 の続きで高度なテーマを3Dスキャンニング、イメージ からの変形、シミュレーションなどを含めレンダリングと出力方法も紹介する。  
到達目標 To get a broader understanding of the possibilities of the digital tools. To think about the impact they can have on traditional approaches to forms and materials.

デジタルツールの可能性を知り、伝統的な技術と素材に対しての影響を深く考えること。  
授業計画・課題に対するフィードバック NOTE: Syllabus will be explained in full at Orientation
Week 1 : Orientation and SIGGRAPH review
Week 2 : Scanning (Kinect and Photoscan)
Week 3 : Displacement (MODO and ZBrush)
Week 4 : Rigging and posing (MODO and ZBrush)
Week 5 : Procedural I - Instancing (MODO and Houdini)
Week 6 : Procedural II - Decimation (MODO, Zbrush and Houdini)
Week 7 : Procedural III - L System (Houdini)
Week 8 : Procedural IV - Simulation (Houdini)
Week 9 : Procedural V - Procedural modeling (Houdini and Rhino)
Week 10 : Output II (Rendering and CNC Machines)

◯シラバスの詳細はオリエンテーション時に説明する。
第1週:オリエンテーション、SIGGRAPHのレビュー
第2週:スキャンニング(KinectとPhotoscan)
第3週:ディスプレイスメント(ModoとZBrush)
第4週:リッギングとポージング(ModoとZBrush)
第5週:プロセジュラル I - 複製(ModoとHoudini)
第6週:プロセジュラル II - デシメーション(Modo, ZBrush and Houdini)
第7週:プロセジュラル III - L System(Houdini)
第8週:プロセジュラル IV - シミュレーション(Houdini)
第9週:プロセジュラル V - プロセジュラル モデリング(HoudiniとRhino)
第10週:出力 II(レンダリングとCNC)  
履修上の留意点 The course will be conducted in English and Japanese. The english version of the 3D softwares will be used. Students should be prepared to learn how to use new software by self-study.

この授業は英語と日本語の混合で行われます。3Dの技術を学ぶ上で、授業の進行と共にある程度の英語力を身につける必要があり、学生の積極的なリサーチも必要とされる。  
成績評価の方法 Class participation and assignments will both count towards the grade.

レポートと出席状況を合わせて評価する。  
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.