タイトル「2017年度シラバス」、フォルダ「2017年度シラバス - 造形学部 - 学科別・日本画学科
シラバスの詳細は以下となります。
2017年度シラバス > 造形学部 > 学科別・日本画学科 > Art & Communication Ⅰ
2017年度シラバス > 造形学部 > 学科別・油絵学科油絵専攻 > Art & Communication Ⅰ
2017年度シラバス > 造形学部 > 学科別・油絵学科版画専攻 > Art & Communication Ⅰ
2017年度シラバス > 造形学部 > 学科別・彫刻学科 > Art & Communication Ⅰ
科目名   Art & Communication Ⅰ   講義名 Art & Communication Ⅰ  
受講可能学科 造形学部・日本画学科  
担当研究室 油絵 
担当教員   長沢 秀之  
分野 専門Ⅱ類選択   対象学年  1年,3年  
科目群 専門Ⅱ類(選択) 
開講期間 前期 2017/04/10-2017/07/08   曜日・時限  木3,木4  
授業形態   実技   単位数   2.0   
履修条件  特になし  
授業概要・カリキュラム上の位置づけ 近年、国内に於ける国際展やレジデンシーの増加に伴い、東京を拠点に活動していても、海外からのアーティストやキュレーターと出会う場面が増えています。これは、日本のアートシーン、文化、社会に対する高い関心の表れであり、実際に日本のアーティストと交流したい人が多い証拠でもあります。こういった場面では、会話は自然と英語になります。そんな時、自分の言葉で作品や考えを話し、活発な意見交換ができるようになることを目指すのがこのプログラムです。
欧米では特に、プロフェッショナルな表現者には発言する力が求められます。どのような考えを持ち制作に挑み、どのような文脈の中で自分をアーティストとして位置づけているかは、文化圏の違う人との交流ではとても重要なことですし、会話の中で常に問われることです。また、他言語である英語でアイディアを言語化するプロセスは、自分を俯瞰して分析する力をつけることでもあり、社会、更には世界の中の自分を考えることにも繋がります。
授業では、アーティストとして活動するにあたり必要となる英語表現やコミュニケーションスキルを、自身及び他者の作品を通して身につけていきます。考え方を広げる試みとしては「Conceptual Framework」を手法として用い、多面的に作品を分析、批評する目を養います。ワークショップやプレゼンテーションでは、人前で英語を使うこと(話す・聞く・書く・思考する)を実践します。ゲストアーティストによるトークは、海外のアート事情をゲストの経験を通して知る機会となり、様々な制作アプローチや思考に触れ、日本の文脈のみに依存することのない現代に生きるアーティストとしての視野を広げます。
講師はジェイミー・ハンフリーズ(イギリス)と清水美帆です。二人のアーティストがペアとなり、以下の内容の授業を4月から12月まで行います。

内容:
1:批評の目
「作品の持つ意味を客観的に分析する力を養う」
作家個人の視点に依存せず、複数の視点を用いてアーティストの活動を考える「Conceptual Framework」を軸に作品を読み解く。作品、作家、鑑賞者、それ以外の要素(歴史、美学、社会、政治等)をアートの欠かせない要素として意識し、ディスカッションを通じて自分の意見を他者と共有する。
注:「Conceptual Framework」とは、オセアニアの高等教育機関を中心に開発・使用されてきた作品分析のためのツール。作品は、作家と作品の関係からのみで成り立っているのではなく、そこには鑑賞者(観衆、ギャラリー、美術館等)とそれ以外の要素(歴史、美学、社会、政治、哲学等)も存在し、それらが複合的に絡み合いながら作品を成立させているという考え方。

2:英語の習得
「イギリス人講師による、実践の場での英語」
講師と、またはゲストアーティストと一緒にワークショップやプレゼンテーションの経験を積み、人前で英語を使うこと、また英語で話す・聞く・書く・思考することに慣れる。
「海外経験のあるアーティストによるトーク」
国際的な活動経験を持つアーティストをゲストに迎えて、海外の動向、アートに対する姿勢を聞く。また、積極的な質疑応答を行い、能動的に英語を使うことに慣れる。

講師略歴:
ジェイミー・ハンフリーズ
イギリス出身。10年以上、東京在住。現代美術家として活動を追求しながら、遊工房アートスペース(西荻窪)のAIRプログラム担当を務める。東京藝術大学、女子美術大学にも非常勤講師を務め、翻訳家として様々なアート団体や美術家の出版物に携わる。

清水美帆
ソロ活動に加えてコラボレーションで様々な分野の作家と制作。ユニットDanger Museumとしての活動は20年近くになる。ロンドンにあるゴールドスミス大学で美術を学び2001年に卒業、オスロ芸術大学で修士課程を修了。文化施設の企画補助や翻訳を行っている。
 
授業概要・カリキュラム上の位置づけ(2) With the proliferation of international exhibitions and artist-in-residencies (AIR) in Japan in recent years, opportunities to encounter artists and curators from overseas are increasing even for art practitioners who base themselves in Tokyo. This is a reflection of the high interest that exists in the art scene, culture and society of Japan, and evidence that there are many people who wish to meet and connect with Japanese artists. In such situations, the conversation will naturally take place in English. This program aims to develop students’ capacity to talk about their work and ideas using their own words and actively exchange opinions when such situations arise.
Especially in Europe and the United States, creative professionals are expected to have strong communicative abilities. Being able to convey ideas that are pivotal to your creative practice, and articulate the context within which you position yourself as an artist are very important skills when it comes to interacting with people of different cultures, and these are points that will always be questioned in conversation. The process of verbalizing ideas in another language will also enable you to analyze yourself and, still further, to consider yourself in relation to society and the world.
In these classes, students will acquire English expressions and communication skills necessary for activities as artists through talking about their own artwork and the work of others. As an attempt to broaden mindsets, the Conceptual Framework (explained below) will be used as a means to cultivate a critical eye and analyze works of art from multifaceted viewpoints. In workshops and presentations, English will be put into practice (speaking, listening, writing and thinking) in front of others. Talks by guest artists will offer students opportunities to learn about the situation of art overseas through the guests’ own experiences, encounter various creative approaches and ways of thinking, and broaden outlooks as artists who live in modern times without dependence solely on a Japanese context.
Jaime Humphreys (UK) and Miho Shimizu will lead the program. Both practicing artists, the instructors will teach classes with the following contents.
1: A Critical Eye
“Developing the ability to analyze the meaning of artworks objectively”
Instruction in the analysis of works of art will take place using the Conceptual Framework* in order to consider the activities of artists from multiple viewpoints without relying solely on individual perspectives. With an awareness of the artwork, the artist, the viewer, and other elements (history, aesthetics, society, politics etc.) as indispensable components of art, students will be encouraged to share opinions through discussion.
*The Conceptual Framework is a tool for the analysis of works of art, developed and used mainly by institutions of higher education in Oceania. It is based on the notion that the work of art consists not only of the relationship between the creator and the work, but also the viewer (audience, galleries, museums etc.) and other elements (history, aesthetics, society, politics, philosophy, etc.) that intertwine in a complex way to establish the work of art.
2: Acquisition of English
“A place for the practical use of English, led by a British instructor”
Students will be able to build experiences of using English in workshops and presentations given by the instructor and guest artists, gaining confidence in the use of English in front of others and becoming accustomed to speaking, listening, writing and thinking in English.
“Talks given by artists with experience of activities overseas”
Artists with experience of working internationally will be invited to classes as guests, giving students the opportunity to learn about trends and attitudes towards art in other countries. In addition, question and answer sessions will be encouraged so that students can become accustomed to using English in an active environment.  
到達目標 ①英語によるコミュニケーション能力を向上させる。
②自作品や他作品の英語での解説を通して、自作及びアートに対する理解をより一層深める。
③歴史生と社会との関わりを認識し、発信する視座を身につける。
③歴史や社会との関わりのなかで自己の表現の意味を考えることができる。
③西洋美術のみならず、東洋美術、日本美術などにも幅広く理解を深め、歴史的背景をふまえた美術史と自己表現との関わりについて独自の視点を持つ。
③展示を含めて社会との関係性を認識しながら、作品空間を構築し、創作上の主張を明確に発信することができる。

1. To improve English communication skills.
2. To deepen students’ understanding of their own work through English commentaries about their work and that of other artists.
3. To raise students’ awareness of the relationship between history and society, leading them to acquire viewpoints that be conveyed in an articulate way.
3. To create a space where students can consider the meaning of their own creative expression in relation to history and society.
3.To deepen students’ understanding not only of Western art but also Eastern and Japanese art, encouraging them to hold individual perspectives on the relationship between art history and self expression based on a historical background.
3.While recognizing the relationship between art and society inclusive of art exhibitions, students will be able to construct spaces for the dissemination of their artworks that effectively convey their creative arguments.
 
授業計画・課題に対するフィードバック ネイティブ講師による授業5回(授業は基本的に英語です)
●ゲスト/講師によるワークショップ
[目的]
・美術に関連する実践的な英語に慣れ(聞く、喋る)、人前で英語を使うことに自信を持つ。
・クリエイティブな行為を通して、自分の意図をうまく伝えられるようにする。

●学生によるグループ・プレゼンテーション
[目的]
・人前で英語を使うことに自信を持つ。
・英語でのプレゼンテーションの力、発言力を養う。
・他者に発表する際に自分の意図をうまく伝えられるようにする。
・チームワーク力を養う。

日本人講師による授業5回(授業は基本的に日本語です)
●作品分析/批評入門(Conceptual Frameworkを通して)
[目的]
・アーティストとして、自身や作品を取り巻く様々な文脈を理解・意識する。そのためのツールとしてのConceptual Frameworkに精通する。
・作品の持つ意味を客観的に分析する力を養う。
・ディスカッションを通じて自分の意見を他者と共有する。

●ゲスト・アーティストによるプレゼンテーション(年間約10名の国内外の美術関係者を招聘。2016年度はARCUS、AIT等の国内レジデンスに滞在している外国人アーティストや、国内のキュレーターを中心に、英語での美術に特化したプレゼンテーションをしてもらった。)
[目的]
・国際的な活動経験を持つアーティストをゲストに迎えて、海外の動向、アートに対する姿勢を聞く。
・積極的な質疑応答を行い、能動的に英語を使うことに慣れる。

Classes by the native English instructor: 5 in total (classes are basically taught in English)
● Workshops by guests / English instructor
[Objectives]
- To develop confidence in using English in front of others after becoming accustomed to the practical use of English in relation to art (listening and speaking).
- To communicate ideas effectively through creative activities.

● Group presentations by students
[Objectives]
- To develop confidence in using English in front of others.
- To develop English presentation techniques, and cultivate effective communication skills.
- To convey one’s intentions and ideas effectively when presenting to others.
- To cultivate the ability to work in a team.

Classes by Japanese instructor: 5 in total (classes are basically taught in Japanese)
● Analysis of artwork/Introduction to critique (through the Conceptual Framework)
[Objectives]
- To gain an awareness of and understanding about the various contexts that surround artists and the production of art as artists of the future. Students will gain a thorough knowledge of the Conceptual Framework as a tool for this purpose.
- To develop the ability to analyze the meaning of artworks in an objective way.
- To share opinions with others through discussion.

● Presentations by guest artists (approximately 10 artists from Japan and abroad are invited annually. In 2016, foreign artists joining domestic AIR programs such as ARCUS, AIT, etc., as well as domestic curators were asked to give presentations in English about art or related topics.
[Objectives]
- To learn about trends and attitudes towards art in other countries through presentations by invited artists who have experience of working internationally.
- To become accustomed to the active use of English through participation in question and answer sessions following presentations.
 
履修上の留意点 It is desirable that students possess basic English conversational abilities.
基礎的な英会話能力を備えていることが望ましい。  
準備学習内容・時間の目安 Study of fundamental English conversations.
基礎的な英会話の学習。インターネット上等で英語による作家の情報やトークの映像を閲覧しておく。  
成績評価の方法 ・前期最後の授業にて講評会を行なう。
・各自の講評後、各担当教員により採点され素点が入れられる。
・期間中の出席を基に、総合的に判断して評価をする。  
テキスト Students will be instructed during orientation on the first day of class.
初日オリエンテーションにて、指示されます。  
参考文献(作品)等 Students will be instructed during orientation on the first day of class.
初日オリエンテーションにて、指示されます。  
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.