タイトル「2017年度シラバス」、フォルダ「2017年度シラバス - 造形学部 - 文化総合Ⅰ・教養文化
シラバスの詳細は以下となります。
2017年度シラバス > 造形学部 > 文化総合Ⅰ・教養文化 > International Relations Ⅱ
科目名   International Relations Ⅱ   講義名 International Relations Ⅱ  
サブタイトル Grasping the world with familiar issues  
受講可能学科 造形学部・全学科  
担当研究室 教養文化・学芸員 
担当教員   原 民樹  
分野 文化総合Ⅰ類   対象学年  1年,2年,3年,4年  
科目群 教養文化Ⅰ類 
開講期間 後期 2017/09/04-2017/12/16   曜日・時限  金1  
授業形態   講義   単位数   2.0   
履修条件  特になし  
授業概要・カリキュラム上の位置づけ With the conflict between the US and Soviet Union called “Cold War” ending, now we live in the world of globalization which is described as “the world has united into one.” Human, goods, money and information cross borders and are deeply affecting and massively changing our daily lives. While “International Relations” has been developed to understand causes of wars and to prevent them, now it is necessary to study international relations with familiar and concrete matters to grasp this large-scale change. Being based on ordinary arguments in international relations, this class will take up concrete topics you watch in daily news from three perspectives of human, economy and politics, and deepen understanding on their history and their relations with society and culture. Through them, this class aims to enhance “comprehensive ability to judge and ability to critique” in the diploma policy.

This class will not proceeded by one-sided lecture but by interactive one. This class respects students’ own concerns and interests by asking questions and opinions to students. In addition, many video materials and movies will be used to advance understanding about each topic.

「冷たい戦争」といわれたアメリカとソ連の対立構造が終わり、「世界がひとつになった」といわれるグローバル化がすすんできた。人、モノ、カネ、情報が国境を越え、私たちの日常生活に深く関係し、それを大きく変えようとしている。「国際関係論」は戦争の原因を探り、それを予防することを目的としてきたが、今やこうした大規模な変化を捉えるためには身近で具体的な問題から学んでいくことを必要としている。本講義では、国際関係論のこれまでの議論を踏まえながら、人間・経済・政治の三つの視点から日頃のニュースで見聞する具体的なテーマをとりあげ、その歴史や社会、文化とのつながりについての理解を深めていくことを目的とする。それを通じて、ディプロマ・ポリシーにある「総合的判断力や批判力」を高める。

なお、一方的な講義ではなく、受講生に質問を投げかけたり意見を求めたりして、受講生の関心や視点にそくしながら双方向的議論に基づく授業にしていく。また、テーマの具体的な理解のために映像資料・映画を多数使用する。
 
到達目標 By attending this class, you can
① understand history and points of various issues on international relations.
② acquire basic education to live in the age of globalization.
③ have your own insights into international issues which include complicated and controversial stands.
④ deeply understand Japan by consider it from international perspective.
⑤ enhance comprehensive ability to judge and ability to critique through above.

本講義を受講することで、
①国際関係上のさまざまな問題の歴史的経緯と論点が理解できる。
②グローバル化時代を生きるための基礎教養を身につけることができる。
③複雑に対立する視点・立場が存在する国際問題にかんして、自分の意見がもてるようになる。
④国際的な観点から日本を見ることで、日本という国への理解が深まる。
⑤以上を通じて、「総合的判断力・批判力」が涵養される。
 
授業計画・課題に対するフィードバック 1. Guidance
2. Koreans living in Japan (1)
3. Koreans living in Japan (2)
4. Racism
5. Emigrants and refugees
6. Comfort women
7. US bases in Okinawa
8. US-Japan alliance and security laws
9. International relation of nuclear power
10. Israeli-Palestinian conflicts
11. Islamic world and terrorism
12. Poverty in the world and globalization
13. Financialization of the world
14. Transnational companies
15. Summary

第1回 オリエンテーション
第2回 在日朝鮮人問題①
第3回 在日朝鮮人問題②
第4回 レイシズム
第5回 移民・難民問題
第6回 従軍慰安婦問題
第7回 沖縄基地問題
第8回 日米同盟・安保法制
第9回 原子力の国際関係
第10回 パレスチナ問題
第11回 イスラム世界とテロリズム
第12回 世界の貧困とグローバリゼーション
第13回 金融化する世界
第14回 多国籍企業
第15回 まとめ
 
履修上の留意点 English is used principally in the lecture.
Depending on the numbers of students, students will be required to hold presentations.

本講義は基本的に英語で行われる。
受講者数によっては、受講生によるプレゼンテーションを実施する.
 
準備学習内容・時間の目安 While it is not to necessary to do preparation for class, students are recommended to read world news on newspapers.

予習・準備は特に必要ないが、新聞の国際面を日常的に読むこと。
 
成績評価の方法 ・Attach importance to positiveness of comments in class
・30% for positiveness in class, 70% for term examination

・授業中の発言の積極性を重視する。
・授業中の積極性30%、期末試験70%
 
テキスト No specific textbook is used. Handout will be prepared for each class.

特定のテキストは使用しない。毎回プリントを用意する。
 
参考文献(作品)等 Eminent books on each issue will be introduced in every class. They include not only academic books but also literary works to help deep understanding.

毎回、各テーマに関する優れた文献を紹介する。また、学術書だけでなく、それぞれのテーマに関する文学作品も紹介し、問題の多面的な理解ができるようにする。
 
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.