タイトル「2017年度シラバス」、フォルダ「2017年度シラバス - 造形学部 - 学科別・芸術文化学科
シラバスの詳細は以下となります。
2017年度シラバス > 造形学部 > 学科別・芸術文化学科 > Curatorial Practice
科目名   Curatorial Practice   講義名 Curatorial Practice  
受講可能学科 造形学部・芸術文化学科  
担当研究室 芸術文化学科 
担当教員   新見 隆  
分野 専門Ⅰ類   対象学年  3年  
科目群 専門Ⅰ類(選択) 
開講期間 前期 2017/04/10-2017/07/08   曜日・時限  火1  
授業形態   演習   単位数   2.0   
授業概要・カリキュラム上の位置づけ While having been suffering so much by the tremendous lack of social needs for art, we are deeply underlined here in this course, that we must learn as the first priority as " Project for survival, by art for art, and through art " , it means how to vitalize our contemporary society by art for the purpose that all the people in this world could survive only through our won spiritual food as art.
Most crucial and essential matters of this course is based on how you can make fantastic encounter of art works in your own context.
And, you must firstly observe this contemporary society how we, people want to improve themselves, no matter how in conscious or unconscious way, and you must put these intuited observation into some quite obvious message to the audience.
Every sort of your projects will never be succeeded without your inner " Project Mission " through this instinct-oriented observation.
You will be a first stage of professional museum curator to make your own recognition of the world itself which will be
executed in the style of exhibition !
過酷な社会のなかで、アートはまさに瀕死の状態にある。
必死で真摯に頑張っている、真の芸術家たちをバックアップし、アートを活性化させることが、ここに集う目的。
私たちの使命は、この現在の社会にこそ、アートがいかなるかたちで必要なのか、それをつきつけて見せることである。そこにしか、私たちアート・プロデューサーの存在理由(レーゾン・デートル)はないから。
アート(デザイン)と文化による、より良い社会の実現、真の社会革命が可能だと信じる者の、これは実践講座である。そのための、あなたじしんの、プロジェクトを起こしてもらう。
そのために、苦しみながら、学ぼうではないか。自らの道を、真に究めんとする人間に、楽だとか、楽しいなどという、安易な感覚は不要である。
私は、畢竟、生来のキュレーターであり、キュレーターの育成のために、この学科、この学び舎に来たのだから、あなたたちを、あらゆる意味で、徹底的に厳しく鍛えるつもりである。
「アート・マネージメントⅠ」、「デザイン・マネージメントⅠ」を受けて、芸術と社会環境の関係をより深い角度から、さまざまに考察する。それを、主には展覧会、あるいは出版、ホームページその他のメディアを立ちあげる過程と並行して、おこなっていく。
シミュレーションでなく、あくまで、実現を旨とする。
各プロジェクトは、二、三人ごとのチームを編成して作業を行う。プロジェクトは基本的に海外発信を目的にしている。私たちの市場は、世界であるからだ。
それを積極的に容認するかどうかは別にして、現在、もっとも活用範囲の広い国際言語である英語のできない者は、履修不可能。あるいはいまどんなに駄目でも、死ぬ気で会得したい者のみ。  
到達目標 It will be indicated in each stage of the course, and you will be guided methodically in your developing process of museum curating, and learning on the history of museum curation.
授業中に、順を追って、指示する。  
授業計画・課題に対するフィードバック Our studied will be proceeded by the essential learning how make museum exhibition professionally, starting from how to read and analyze the contemporary society, selecting art objects in your specific context to match this critical observation on today, how to put those objects together in the unique installation design, making deeply appealing concept-oriented title and subtitle of the shows, and eventually how to make this exhibition become popular in which style of public relation activities, advertisement, and educational program, and so on.
On the other hand, we will learn historically the very unknown history of musuem exhibition curation, and will do the critical evaluations on the exhibition on show now, and those two different approach will be aimed to achieve and to be integrated in such a tremendously synchronizing style for the final exhibition proposals.
過去の、履修学生によるプロジェクトの一部を、以下参考までに。いくつかは、現在も進行中である。
1. 書籍『世界美術館ミシュラン』の編集・調査
2. 書籍『インタヴュー集、100人のアート』の編集・調査
3. ホームページ、芸文版アート情報誌、“ Zarathustra”の編集・調査・執筆
4. 展覧会「ベニス・ビエンナーレ日本館展」の企画・提案
5. 展覧会「Summa-Postmodernologia 20世紀の建築・デザイン」展、その他の建築・デザイン展の企画・提案
6. 東京のデザイン・建築の今を紹介する、海外からのアーティスト、デザイナー、建築家のための雑誌“ Tokyo-Nomad ”の編集・調査・執筆
7. カタログ 『こどものための、イサム・ノグチ、あるいは20世紀彫刻入門』の編集・調査
8. 展覧会「モダン・プリミティヴの時代-ノグチと1950年代の日本の前衛」の企画・提案
9. 世界の空のデザインを紹介する雑誌「エアライン・デザイン」の編集・調査
10. 「アートをフード」で、「フードをアート」で、再活性化する、展覧会・出版・プロダクトの企画・提案  
準備学習内容・時間の目安 Always, you must feel sensually through your own human instinct how this contemporary society moves and contains
in the bottom of human reality.
現代社会の問題点について、メディアによる情報ではなく、自分の体験を通して、考えておくこと。  
成績評価の方法 Final evaluation will be given basically by some of your achievement of the exhibition proposals at the final stage.
最終課題を中心にして、総合的に評価する。  
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.