タイトル「2017年度シラバス」、フォルダ「2017年度シラバス - 造形学部 - 学科別・日本画学科
シラバスの詳細は以下となります。
2017年度シラバス > 造形学部 > 学科別・日本画学科 > Fundamental Subjects for Art and Design
2017年度シラバス > 造形学部 > 学科別・油絵学科油絵専攻 > Fundamental Subjects for Art and Design
2017年度シラバス > 造形学部 > 学科別・油絵学科版画専攻 > Fundamental Subjects for Art and Design
2017年度シラバス > 造形学部 > 学科別・彫刻学科 > Fundamental Subjects for Art and Design
科目名   Fundamental Subjects for Art and Design   講義名 Fundamental Subjects for Art and Design  
サブタイトル Fundamental Subjects for Art and Design
[油絵・版画各専攻、日本画学科、彫刻学科1年対象]
16週〜19週授業週 〈2単位 実技〉
16-19 lesson week (2 credits)  
受講可能学科 造形学部・日本画学科  
担当研究室 彫刻学科 
担当教員   彫刻学科  
分野 専門Ⅰ類   対象学年  1年  
科目群 専門Ⅰ類(選択) 
開講期間 4期 2017/09/04-2017/09/30   曜日・時限   
授業形態   実技   単位数   2.0   
履修条件  特になし  
授業概要・カリキュラム上の位置づけ What to express? Through what? With what? And how? For those who seek to express themselves, these are vexing questions. Among these, we address “Through what?” and “With what?” here, because we believe that these difficulties may arise simply from shying away from encountering new materials. We might be surprised to discover that while encountering new materials and media, the content of our expression may differ from that of our imaginings.
We believe that language is another means of expression, and instruction is carried out using English-language communication to engage with artistic production.
This course is jointly organized by the Department of Painting’s Printmaking and Painting Courses, which involve the use of oil, acrylic, and tempera paints as well as printmaking, engraving, and painting on silk, in collaboration with the Departments of Sculpture and Japanese Painting. Of course, you may also select options from your own programs and departments, but for those who wish to broaden their powers of expression or who are slightly inhibited in expressing themselves, we encourage you to take this opportunity to challenge yourselves by attending a course outside your own programs and departments.

何を、何に、何で、どう表現するか。表現者がこの問題から抜け出す事はなかなか困難ですが、ここでは「何に、何で」に拘ってみたいと思います。なぜなら先程の困難さは実は新しい素材に出会う事を敬遠しているだけの事かもしれませんし、また新しい素材や材料に出会ったときは、自分の考える事が今までと違う表現内容になることに驚くかもしれないと考えるからです。
ここでは、言語も一つの素材と考え、英語によるコミュニケーションを通じて作品制作に取り組む授業も実施されます。
この期間は油絵、アクリル、テンペラ、版画、彫刻、絹本着彩など油絵学科の油絵専攻と版画専攻、そして彫刻学科、日本画学科が共同で開く授業です。もちろん自分の所属学科、所属専攻を選択出来ますが、表現の幅を広げたい人や、ちょっと表現に行き詰まってる人は積極的に所属専攻、学科以外の課題を受講してみましょう。
 
到達目標 To broaden the potential of our creations through renewed encounters with materials, media, and language.

新たにふれる素材、材料や言語を通して、自身の制作の可能性を拡げる事を目標とする。  
授業計画・課題に対するフィードバック We will invite artists that are active throughout the world today–not just foreign artists, but also Japanese artists who are enjoying success globally–to create works through workshops and other activities to promote cultural exchanges.

From these classes, we hope that the students will gain an awareness of the works, and by considering why they are created and ceasing to use the words they customarily do, they will also gain an insight into their shortcomings as well as their potential.


海外で活躍するアーティスト、外国人のみならず、海外で活躍中の日本人アーティストも含め、今、世界で活躍するアーティストを招待し、ワークショップなどを通し、交流を深め作品制作を行う。
英語のみのコミュニケーションを行い、分からないことなどは作品表現を通し会話する。
 海外で制作をしているアーティストとのコミュニケーションにより
普段からどのようなことを意識し制作をしているか、何を問題としているのかなど、日本式ではない海外の捉え方を習得することにより、後の海外研修や海外での活動へのきっかけ作り、視野を広げることを目的とする。
 海外で制作発表することは、作品を作ることだけではなく、それを相手に理解させるための明確な意識、コンセプト等が必要となり、その為のコミュニケーション能力が大変重要となる。大切なことは、英語が話せるということではなく、少ない単語や自分が持っている知識、想いをどれだけ相手に伝えようとするか、という姿勢である。
 本授業により学生たちの作品への意識、またなぜ作品を作るのかということなど、普段慣れ親しんでいる言葉から離れることで、自分の問題点や可能性をあぶり出し、明確にすることが期待される。



 
履修上の留意点 Fundamental Subjects for Art and Design is jointly offered by the Oil Painting and Printmaking Courses and Department of Japanese Painting along with the Department of Sculpture. Note that students may also select courses offered by non-affiliated departments, and should refer to those accordingly.

造形基礎・選択は油絵・版画各専攻、日本画学科、彫刻学科か共同で開設しています。所属学科が開設している以外の授業も選択出来ますので、そちらも参照すること。  
準備学習内容・時間の目安 Study of fundamental English conversations.
基礎的な英会話の学習。  
成績評価の方法 A final review will be held, where each instructor will grade the students.
講評会を行い、各担当教員が採点します。  
テキスト Students will be instructed during orientation on the first day of class.
初日オリエンテーションにて、指示されます。  
参考文献(作品)等 Students will be instructed during orientation on the first day of class.
初日オリエンテーションにて、指示されます。  
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.