タイトル「2017年度シラバス」、フォルダ「2017年度シラバス - 造形学部 - 文化総合Ⅱ・教養文化
シラバスの詳細は以下となります。
2017年度シラバス > 造形学部 > 文化総合Ⅱ・教養文化 > 心理学演習Ⅲ
科目名   心理学演習Ⅲ   講義名 Seminar in Psychology ⅢA  
サブタイトル (making an educational game)  
受講可能学科 造形学部・全学科  
担当研究室 教養文化・学芸員 
担当教員   荒川 歩  
分野 文化総合Ⅱ類   対象学年  1年,2年,3年,4年  
科目群 教養文化Ⅱ類 
開講期間 後期 2017/09/04-2017/12/16   曜日・時限  水1  
授業形態   演習   単位数   2.0   
履修条件  特になし  
授業概要・カリキュラム上の位置づけ The purpose of this class is to develop a paper-based educational game. Firstly, students will work on some educational games to understand how rules elicit players' feelings and behavior. Secondly, each student will design the purpose of a game, and develop the game.
この授業では、紙媒体の教育ゲームの開発を行います。前半の授業ではいくつかのゲームを経験することで、ゲームの構造や、ルールがどのような体験を引き起こすかを理解することをめざします。後半の授業では、ゲームにする社会現象を1つ設定した上で、それをゲームとして再現することを目指します。  
到達目標 The purpose of this class is to understand the system in a social phenomenon, and to replicate it as a game.
社会現象からシステムを抽出し、それをゲームとして再現することができるようになること。  
授業計画・課題に対するフィードバック Session 1 The theory of educational games ゲーミングを用いた教育の理論
Session 2 Playing some educational games 1 教育ゲーミングを体験する1
Session 3 Playing some educational games 2 教育ゲーミングを体験する2
Session 4 Playing some educational games 3 教育ゲーミングを体験する3
Session 5 Learning from commercial games 1 市販のゲームからシステムを学ぶ1
Session 6 Learning from commercial games 2 市販のゲームからシステムを学ぶ2
Session 7 Learning from commercial games 3 市販のゲームからシステムを学ぶ3
Session 8 Developing an original game 1 ゲームの制作1
Session 9 Developing an original game 2 ゲームの制作2
Session 10 Developing an original game 3 ゲームの制作3
Session 11 Developing an original game 3 ゲームの制作4
Session 12 level designing 1 シミュレーション1
Session 13 level designing 2 シミュレーション2
Session 14 Playing and evaluating each other's game 自分の作ったゲームをやってもらう/他の受講者の作ったゲームを行う1
Session 15 Playing and evaluating each other's game 自分の作ったゲームをやってもらう/他の受講者の作ったゲームを行う2  
履修上の留意点 The course is conducted in English. Regular attendance is strongly recommended. Late arrival becomes an annoyance to other students.
授業は英語で行います。演習ですので,5分以上の遅刻は欠席になる場合があります。  
準備学習内容・時間の目安 no preparation is necessary. However, Students may be requested to play a certain game till next class
事前知識は不要ですが,ゲームには時間がかかるため,翌週までに指定のゲームをプレイしてくることを求めることがあります。(30min)  
成績評価の方法 The developed game(How deeply the game reflects the lectures) and each other's evaluation of the game and attendance.
開発されたゲーム(授業内容をどれだけ反映しているか)と,お互いのゲームの評価,および出席状況  
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.