タイトル「2017年度シラバス」、フォルダ「2017年度シラバス - 造形学部 - 文化総合Ⅱ・身体文化
シラバスの詳細は以下となります。
2017年度シラバス > 造形学部 > 文化総合Ⅱ・身体文化 > 健康と身体運動文化 34
科目名   健康と身体運動文化 34   講義名 Health and Physical Education (Basketball) 34  
受講可能学科 造形学部・全学科  
担当研究室 身体運動文化 
担当教員   Harald Polster  
分野 文化総合Ⅱ類   対象学年  1年,2年,3年,4年  
科目群 身体文化Ⅱ類 
開講期間 後期 2017/09/04-2017/12/16   曜日・時限  水3  
授業形態   実技(身体)   単位数   1.0   
履修条件  特になし  
授業概要・カリキュラム上の位置づけ This Basketball course has 2 main objectives:
1. Integration of all students in pair and group exercises as well team play. Everybody should enjoy playing Basketball according its own skill level.
2. Improvement of communication abilities using a bi-lingual English/Japanese teaching style. Students will be challenged to understand English explanations. Furthermore students should get a basic knowledge about the Basketball play and health aspects of training. Therefore, each class will cover a special topic of English conversation (EC).
The overall aim of the class is practicing Basketball for mutual interaction! Students can enjoy Basketball as well get benefits from communicating in English.

このバスケットボールのコースは、2つの主要な目的を持っています:
1. よくチームプレーとしてペアやグループ演習内のすべての生徒の1統合。誰もが独自のスキルレベルに従ってバスケットボールを楽しむべきです。
2. バイリンガル英語/日本語指導スタイルを使用して、コミュニケーション能力の向上。学生は英語の説明を理解するために挑戦されます。さらに、学生が研修のバスケットボールプレイや健康面に関する基本的な知識を取得する必要があります。したがって、各クラスは、英会話(EC)の特別なトピックをカバーします。
クラスの全体的な目的は、相互作用のためのバスケットボールの練習をされています!学生は、バスケットボールを楽しむだけでなく、英語でのコミュニケーションから利益を得ることができます。
 
到達目標 Fundamental techniques of basketball as: catching, passing and shooting the ball will be practiced. Skillful students will be challenged with variable ball handling. This course can be considered from beginners as well students with an advanced level of basketball skills. Nobody needs to worry about its English conversation abilities, since the teacher will be always available “bi-lingual”!

バスケットボールの基本的な技術、 ボールをキャッチ、パス、そしてシュートすることを練習します。技術のある学生は流動的な状況でのボールの扱いを試されます。このコースは主に初級者~上級者向けです。
誰も先生が常に利用可能な「バイリンガル」になりますので、その英会話能力を心配する必要はありません!
 
授業計画・課題に対するフィードバック Every practice class will be organized in 4 parts:
1. Warming up and Stretching
2. Technical drills: Passing-Catching, Dribbling-Shooting, Offense-Defense
3. Single Shooting
4. Basketball game.
There will be plenty time, approximately 50 minutes, for playing basketball in teams.

全ての授業では以下の四つの練習を行います:
1. ウォーミングアップとストレッチ
2. 技術練習:パス、ドリブルからのシュート、オフェンス、ディフェンス
3. バスケットシューティング
4. バスケットボールゲーム
チーム分けをして、ゲームをする時間は十分にとります。(約50分)

Contents and Schedule
Week 1: Orientation English Conversation (EC): Greetings, Self-Introduction
Week 2 - 4 Practice: Warming-up, Stretching EC: Basketball Rules, Skills
Week 5 - 7 Practice: Passing EC: Body, Mind, Feeling
Week 8 - 10 Practice: Free-throw, Shooting EC: Health, Sport Injuries
Week 11 - 14 Practice: Tests, Team-Play Evaluation EC: Hobbies, MUSABI Art
Week 15: Final Tournament

教育内容と予定
第1回: オリエンテーション 英会話: 挨拶、自己紹介
第2回~第4回 実践:ウォーミングアップ、ストレッチング 英会話: バスケットルール、スキル
第5回~第7回 実践: パッシング 英会話: 身体、心、感情
第8回~第10回 実践:フリースロー、シューティング 英会話:健康、スポーツ傷害、
第11回~第14回 実践:テスト、チームプレイ評価 英会話: 趣味、MUSABIアート
第15回: 決勝トーナメント
 
履修上の留意点 The teacher’s website is obligate to visit for completing following self-study tasks:
1. Studying terms, rules and technical skills of Basketball.
2. Checking English vocabulary and preparing English conversation.
3. Taking the Internet Knowledge Test at the end of the course. (optional)

以下の自主課題をこなすために、教師のウェブサイトを訪問することを必須とします。
1. バスケットボールのチームとルール、及び技術力の学習。
2. 英語の語彙をチェックする、英会話の準備する。
3. コースの終わりにインターネット上における知識テストの受講。 (自発的です)
 
準備学習内容・時間の目安 The teacher does not want to act as referee that much during practice. Sometimes he will join the groups, exercising with the students. Thus fairness and self-judgment among the students will be an important educational part of teaching. Later in the course necessary functions of the basketball play, such as: Referee, timekeeper and team leaders will be assigned to students.

教師は練習の間、審判の仕事を好んで行いません。 時折学生たちの練習に参加し、グループに加入します。 このように学生間の公平さと自己判断は指導における重要な教育の一環です。 またこのコースでは後にバスケットボールにおける必要な役職、 レフェリー、タイムキーパー、及びキャプテンの仕事が学生に割り当てられます。
 
成績評価の方法 In order to pass the course successfully students must attend at least 75 % of all taught classes. Two times being late over 15 minutes is equal to one time nonattendance! 100 % participation equals 50 points. From that 50-point-credit per each absence 4 points will be subtracted. Example: 50 – 16 (4x absent) = 34 attendance points.

At the end of the course students will be evaluated regarding the following criteria:
1. Attendance ( 50 points)
2. Team Play ( 30 points)
3. Skill Tests (20 points)
Sum: 100 points
Students who take the Internet knowledge test will receive a bonus of 15 points!

単位を得るには、すべてのクラスの少なくとも75%に出席しなければなりません。 15分以上の遅刻2回は、1回欠席と等しいです! 100%の参加は、50点に等しいです。 各々の欠席につきその50点から、4点ずつ引かれます。 例えば 50 – 16(四回 の欠席)= 34点が出席点です。
非常に特別な事情の場合だけ(例えば怪我、病気)で、補講が不十分な出席に補うためにコースの終わりに提供されます。

評価の基準は以下の通りです。
1. 出席(50点)
2. チーム プレイ評価(30点)
3. スキルのテスト(20点)
合計100点
もしインターネット上の知識テストを受ければ、学生に15点がボーナスとして加算されます!
 
テキスト There are no sport-specific text books necessary to read. The teacher will provide students with a summary of fundamental basketball terms and rules. For the purpose of self-study the teacher’s web-site can be used.
読まなければならないスポーツ専門のテキストはありません。教師は学生に基本的なバスケットボールの用語とルールを教えます。自主学習には教師自身のウェブサイトを利用することができます。
 
参考文献(作品)等 Students can check the English vocabulary and phrases at the teacher’s website in advance:
学生は事前に先生のウェブサイトで英語の語彙やフレーズを確認することができます:
[link]http://www.vitraserv.com/musashino/basket-english.html[/link]

Website for studying Basketball rules and skills:
バスケットボールルールとスキルについてのウェブサイト:
[link]http://www.vitraserv.com/musashino/index.html[/link]

Internet Knowledge Test:
インターネット上の知識テスト:
[link] http://www.vitraserv.com/limesurvey/index.php/92955/lang-ja[/link]

The teacher can be contacted using the following email addresses:
以下の電子メールアドレスを使って、教師と連絡を取ることができます:
[mail]support@vitraserv.com[/mail]
 
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.